Q&A・お問合せ

Q 神田祭はいつ頃から行われているの?
A 天平2年(西暦730年)に神田明神が創建されて以来、約1300年の間繰り返されてきた、伝統あるお祭りです。
盛んになったのは徳川幕府が江戸に開かれた慶長8年(西暦1603年)以降。神田明神は江戸総鎮守に定められ、神田祭は天下祭として盛大に開催されるようになりました。

Q 神田祭は毎年行われているの?
A 神田祭が人気を集め派手になりすぎたため、徳川幕府の命令により本祭は2年に1度の開催となりました。 本祭が行われない年には蔭祭が行われますが、こちらはお神輿の出ない小規模なものとなっています。

Q 何基の神輿が出るの?
A 氏子全体では大小取り混ぜて100基以上の神輿が担がれ、神田・日本橋地区は大賑わいとなります。そのうちの約70基が神社まで巡行し、宮入を行 います。

Q 女神輿って何?
A 女性のみで担がれる神輿の通称です。町会によっては神輿渡御の途中にレディースタイムを設けるところや、子供神輿を女神輿として出すところもあります。 また大阪の天神祭では「OLギャル神輿」という呼ばれ方をしています。

Q メディアランナーってなに?
A トラックの上に170インチの大型モニターを付けた、走るテレビです。 神田祭では13(日)に秋葉原駅前広場に設置し、迫力ある宮入の映像や神社の歴史紹介ビデオを多くの方々に楽しんでいただきます。

Q 神田祭の見どころは?
A 12日(土)には神幸祭という、厳かな時代行列があります。 特に18時から秋葉原を出発して、神社に宮入する行列には神輿や山車、巨大な赤ちゃんの曳物、多数の子供の踊り手も加わり数千名の大行列になります。 13日(日)は約70基の神輿が次々と神田神社に宮入します。その中でも特に、 旧神田青果市場の巨大な千貫神輿の迫力は見る人を圧倒させます。15時半頃を目安にどうぞ。

Q 問合せはどこにすればいいの?
A 神田祭に関するお問合せは以下のアドレスで受付けています。
 kouhou@kandamyoujin.or.jp