江戸総鎮守 神田明神

| アクセス | 境内図 | FAQ | お問い合わせ | 崇敬会 | 明神会館 | サイトマップ |


トピックス


本年の神田祭は蔭祭ですので、神幸祭と神輿宮入は執り行いません。ですが、大祭期間中以下の神事や催事を行います。

縁結びを願う、未婚の方々に参加いただく特別企画です。

4月の祈願祭は、5日、12日、19日、26日です。


6月18日(水)第2回目は、千疋屋総本店の大島有志生氏がゲストで江戸のフルーツがテーマです

夜の光に輝く華麗な神門をくぐれば、580基の燈明がともる神々しい境内にいたり、荘厳で重厚な御社殿で神々に参拝してください

平成15年より金剛流薪能として神事能を復活し、12回目を迎えます。今年は金剛流家元・金剛永謹氏が出演されます。



ニュース

平新皇将門公御真影を本日より展示

本日5日より、資料館で平新皇将門公御真影を展示しております

外国語による神田明神の簡単な解説とマップ

英語、韓国語、簡体字、繁体字による当社の説明とマップが、「東京の観光公式サイト GOTOKYO」に掲載ました。

京都神田明神

京都に平将門公をお祀りする神田明神が鎮座されております。平成25年、新社殿が建立され遷座祭が行なわれました。

企業の法人参拝のお知らせ

商売繁昌の神様・神田明神でご参拝ください。

神馬 あかりの絵葉書ができました

神田明神で一番人気の神馬 あかりの絵葉書ができました

明神能の歴史を知りたい その2 第5回 能「鉄輪(かなわ)」 狂言「痩松(やせまつ)」

平成15年より始まった神田明神薪能 明神能・幽玄の花。24年までの明神能の歴史を振り返ります。その2は第5回からです

明神能の歴史を知りたい

平成15年より始まった神田明神薪能 明神能・幽玄の花。24年までの明神能の歴史を振り返ります

神田明神稚児太鼓 新規会員募集のお知らせ

神田明神稚児太鼓は、昭和55年の発足以来33年を迎えております。

初めての方も大歓迎 神田囃子 囃子講習会開講

無形文化財 神田囃子の講習会を開催します。初めての方ももちろん大歓迎です。一から体験することができる神田囃子です。

東京十社とは

元准勅祭社で東京都内10の神社を「東京十社」と称しております

神馬・神幸号が来ました

本日、神馬・神幸号「明(あかり)」ちゃんが神社に来ました

出張祭典(外祭)のご案内

神社より氏子区域内へ行き、地鎮祭や上棟祭、事務所清祓を行う出張祭典を随時受付しております。

個人の御昇殿参拝(ご祈祷、お祓い)ご案内

神田明神では厄除け、商売繁昌、初宮詣などご参拝を随時受け付けております





過去の神田祭特設サイト
・平成25年度神田祭
・平成21年度神田祭
・平成19年度神田祭
・平成17年度神田祭
・平成15年度神田祭
・平成13年度神田祭