文化事業
HOME > 文化事業 > 

平成30年 明神塾 巻之21 江戸美と匠の世界Ⅲ

平成30年 明神塾 巻之21 江戸美と匠の世界Ⅲ
 クール・ジャパンの名のもと、江戸の美は世界的に注目されていますが、それは連綿と受け継がれた匠の技術により支えられていました。
今期は美と技をテーマとしたミニ講座に加え、タイトルにちなんだゲストとの対談を通じ皆様を「江戸伸びと匠の世界」にいざないます。

【塾長】
安藤 優一郎 先生
 歴史家(日本近世政治、経済史専攻) 
 文学博士(早稲田大学)
 著書 『勝海舟と福沢諭吉』『江戸っ子の意地』『徳川将軍家のブランド戦略』ほか多数

【開催時間】
午後6時    1部 神田明神と文化講座
午後7時00分 正式参拝(有志)
午後7時15分 2部講座開始 ※内容は以下を参照
午後8時45分 講座終了(予定)       

第1部 神田明神と文化講座 18時~19時

4月18日(水) 「江戸時代小説実作者から見た神田明神」福原俊彦氏(小説家)作品の『春風駘蕩・平賀源内江戸長屋日記』に神田明神が登場!
6月20日(水) 「最先端の宇宙開発と神田・御茶ノ水の歴史とのつながり」
          岩渕泰晶氏(国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 研究開発部門主任)
7月18日(水) 「講談で聞く江戸の華」田辺銀冶氏(講談師)
9月19日(水) 「札幌まつりと神田祭」 大東敬明氏(國學院大學准教授)
10月17日(水) 「神田の市街地形成」 真鍋陸太郎氏(東京大学助教)
11月21日(水) 「近代における将門塚について」松田 陽氏(東京大学准教授)

第2部 江戸の美と匠の世界Ⅲ 19時15分~20時45分

第2部司会進行 神森 真理子氏(ジャパントラディショナルカルチャーラボ㈱(JTCL)代表取締役

4月18日(水) 江戸の工芸 ゲスト・伊場仙 吉田誠男氏
6月20日(水) 江戸の音楽 ゲスト・薩摩琵琶奏者 水島結子氏
7月18日(水) 江戸の服飾 ゲスト・着物関係・竺仙 小川文男氏
9月19日(水) 江戸の相撲 ゲスト未定
10月17日(水)江戸の蕎麦 ゲスト・藪そば 堀田泰彦氏
11月21日(水)江戸の水産物 ゲスト・山本海苔店 山本泰人氏

開催場所、申込方法、受講料

【開催場所】 神田明神祭務所地下ホール
【募集人数】 申込み順先着100名(定員になり次第〆切)

【申込方法】
申込書はPDFでダウンロードしてご使用ください。
申込みを明記し、郵送、ファックス、メールにてお申し込み下さい。詳細を郵送でご案内いたします。
その際、住所、氏名、性別、年齢、職業、連絡先電話番号を記載いただき下記にお送りください。
 郵送の場合 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
 ファックスの場合 03-3255-8875
 メールの場合 kouhou@kandamyoujin.or.jp
【受講料】
通年申込み 13000円(全6回分) 
単回申込み 2500円(崇敬会員は2300円)
通年申込みで全講座を受講された方には「明神塾 巻之21」修了証を差し上げます。
通年申込みの場合は、三井住友銀行 神田支店 普通7870595 神田かるちゃー倶楽部 明神塾 までお振り込みください

【主催】
神田明神 担当・鳥居、岸川
℡03-3254-0753 FAX03―3255-8875

※講師、演題、日程は都合により予告なく変更することがありますので、ご了承ください。