江戸総鎮守 神田明神

| アクセス | 境内図 | FAQ | お問い合わせ | 崇敬会 | 明神会館 | サイトマップ |

English
江戸総鎮守 神田明神
一覧へ戻る
新時代の鎮守の森・憩いの庭「屋上庭園」
新時代の鎮守の森・憩いの庭「屋上庭園」
世界の経済発展とともに地球の緑は失われつつあります。その結果、地球温暖化が進み、今や世界的規模で人類の存続さえ脅かしかねない状況に直面しつつあります。

古代より日本人は自然と共生し、自然の中に神々を見出し崇め、そこに「鎮守の森」が形成されました。 しかし当社の周辺においても、たび重なる開発により緑が急速に失われていっております。
そこでこの度「鎮守の森」の環境を整備すべく境内緑化事業を行います。 その第一歩として境内地西側に位置する立体駐車場を縮小し回遊式・屋上緑園を造成いたします。 限られた境内地において、人々が少しでも癒される「憩いの庭」として皆様に四季を感じていただきたいと切に願います。

境内緑化事業の第一歩である当事業にご協賛いただき、次世代の子どもたちに緑の大切さと鎮守の森の素晴らしさを伝えていきたく存じます。 緑潤う、安らぎのある境内の実現に、是非ともご協賛いただけますよう、よろしくお願いいたします。

神田神社境内緑化整備事業委員会
神田明神崇敬会事務局

一、事業予算5000万円(第一次緑化事業費)------
一、ご協賛金一口 5000円(何口でも可)------
▲ページトップへ

協賛方法

◆下記銀行及び郵便局へお振込みいただき、【申込書】をファックスまたは郵送にてお出しください。 ※申込書は【こちらよりダウンロード・プリントアウトしてください】
宛先:神田神社境内緑化整備事業委員会・神田明神崇敬会事務局
FAX番号:03-3255-8875
郵送先:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2

◆ご参拝の際、境内・鳳凰殿参拝受付又は社務所でもお受けつけしております。本申込書とご協賛金をお持ちください。

【申込書】

ダウンロードはコチラ
▲ページトップへ
▲ページトップへ
一覧へ戻る

「その他」の一覧

詳細

夢叶参拝 平成29年3月26日(日)

貴重な本殿での特別参拝と、2つのセミナーにより、夢を叶える為の新たな第一歩を踏み出してください。

詳細

人生の実りの秋をすごそう 〜第8回神儒仏合同講演会〜

今年で第8回目となる神儒仏合同講演会は7月30日(土)です。今回は、人生の実りを楽しむ老いについて、神儒仏から学びます

詳細

神田明神のマスコット決定 江戸っ子「みこしー」

神田明神のマスコットは、江戸っ子「みこしー」に決定いたしました。

詳細

終了 神田祭2013上映会

8月31日(土)午後2時より、平成25年神田祭のビデオ上映会をアーツ千代田3331で開催します。無料。

詳細

神話の国・出雲からやってきた神代(かみよ)神楽(かぐら)

親子で見よう 東京初公演・万(まん)九千(くせん)社(しゃ)立(たち)虫(むし)神社(じんじゃ)神代神楽

詳細

終了 イジメを考える 〜第5回神儒仏合同講演会〜

このシンポジウムは平成20年6月に発生した秋葉原無差別殺傷事件を契機にして地元の神儒仏関係者が協力しての社会活動として今回で第5回目を迎えます。当日の申込みも受け付けます

詳細

終了 神道と古事記に触れる集い

夢叶参拝特別企画として行われるセミナーです

詳細

明神能の歴史を知りたい その2 第5回 能「鉄輪(かなわ)」 狂言「痩松(やせまつ)」

平成15年より始まった神田明神薪能 明神能・幽玄の花。24年までの明神能の歴史を振り返ります。その2は第5回からです

詳細

明神能の歴史を知りたい その1

平成15年より始まった神田明神薪能 明神能・幽玄の花。24年までの明神能の歴史を振り返ります

詳細

終了 神儒仏に期待するもの 第4回神儒仏合同講演会

8月4日(土)、神田明神において、第4回神儒仏合同講演会「神儒仏に期待するもの」を開催いたします

詳細

初めての方も大歓迎 神田囃子 囃子講習会を開講

初めての方も大歓迎です。無形文化財 神田囃子の講習会を開催します

詳細

東京十社とは

元准勅祭社で東京都内10の神社を「東京十社」と称しております

詳細

終了 災害と企業倫理 〜神儒仏合同講演会〜

企業活動を真に人間の幸福のために生かす姿勢はどうあるべきか?

詳細

終了 平野啓子の「語り」の世界 鎮守の杜からの祈り 日本神話と災害教訓に学ぶ夕べ

本講座は終了しております

詳細

終了 江戸総鎮守 神田明神の神々と出会う 講話・特別参拝

本講座は終了しております。