お知らせ詳細

【4/24~5/23】資料館特別展『描かれた神田祭展 江戸と現代をつなぐ作家たち』

【4/24~5/23】資料館特別展『描かれた神田祭展 江戸と現代をつなぐ作家たち』

令和3年4月22日

神田明神に所蔵する神田祭に関する浮世絵と、それらをモデルにした現代のイラストレーター、漫画家、アーティストによる競演です!
テレビ東京『新美の巨人たち』で紹介された『神田明神祭礼絵巻』も一部展示いたします。

日本三大祭、江戸天下祭と称される神田祭は江戸時代より多くの浮世絵や絵巻物、古写真など絵画・写真資料が残されてきました。今回それら資料を題材に現代の漫画家、イラストレーター、アーティストたちが新しい神田祭の作品をご製作いただき、題材にした浮世絵や絵巻物とともに展示いたします。

会期 令和3年(2021)4月24日(土)~5月23日(日)の1か月間
開館時間 9時~16時(受付終了15時45分)(変更の可能性あり)
場所 神田明神資料館2階展示室
受付 神田明神文化交流館1階お守り授与所
拝観料 大人300円、学生200円、中学生以下無料
主催 神田明神資料館
解説 岩下哲典氏(東洋大学教授)
   山本野理子氏(浮世絵研究家)
特別協賛 ダイドードリンコ株式会社様